2007年02月01日

薬用毛髪力イノベートについて

ライオンが発毛促進指令を研究

薬用毛髪力イノベートは株式会社ライオンが、発毛促進指令を促す成分を研究し開発したものです。この発毛促進指令として働く成分はBMP(ビーエムピー)ephrin(エフリン)というたんぱく質です。 そしてこれらの発毛促進指令成分の働きを増幅させるサイトプリンという成分が、イノベートに含まれています。

薬用毛髪力イノベートの働き

薬用毛髪力イノベートの働きについて以下に解説します。

  1. 発毛促進指令を増幅させる成分サイトプリンが、毛根細胞内の成長に必要なたんぱく質(BMP、エフリン)の生成を助け、発毛促進指令を増幅させることでコシ、ハリのある髪の毛に育てます。
  2. 発毛促進成分であるペンタデカン酸グリセリドが、毛髪細胞内の髪の毛の元であるたんぱく質の合成に必要なエネルギーを供給して、強く抜けにくい髪を育てます
  3. 血行を促進する成分ビタミンE誘導体が、頭皮の血行を促進し髪の毛の栄養に必要な栄養をしっかり届けます。

イノベートの詳細、ご購入はこちら

薬用毛髪力 イノベート
薬用毛髪力 イノベート

イノベート有効成分
サイトプリン(6-ベンジルアミノプリン)
ペンタデカン(ペンタデカン酸グリセリド)
ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)

posted by taka at 09:07| Comment(29) | TrackBack(6) | 発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

女性の薄毛について

増えている女性の薄毛

近年、女性の薄毛が増加しておりその問題が注目を浴びています。特に50代以上の女性の薄毛は発現率が高く、症状も重い場合が多く女性の悩みも深刻化しています。

女性の薄毛と言ってもその原因は様々であり、年代によっても異なってきます。女性の薄毛の原因としては次のようなものがあります。

女性の薄毛の原因

  • 過度のダイエットによる脱毛
  • ホルモンバランスの異常による脱毛
  • パーマやヘアカラーなどによる脱毛
  • 膠原病による脱毛
  • posted by taka at 10:34| Comment(1) | TrackBack(2) | 抜け毛を減らす方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    女性の薄毛|膠原病(こうげんびょう)による脱毛

    膠原病は自己免疫に異常が表れる疾患のことです。膠原病は体内の血液中にある抗体が免疫複合体をつくり、血管や関節、内臓などにある複合組織を攻撃する事で発症すると言われています。

    膠原病の症状としては発熱、疲れやすい、関節痛、筋肉痛、こわばりなどがみられ、これらは全身性の炎症によって生じます。 これらの症状によって抜け毛が起こる可能性があります。

    女性の薄毛の原因

  • 過度のダイエットによる脱毛
  • ホルモンバランスの異常による脱毛
  • パーマやヘアカラーなどによる脱毛