2016年11月09日

アボダード(デュタステリド)を約5年間飲み続けた結果


当ブログでも以前紹介しているデュタステリドを含んだ飲む発毛剤
アボダード、

以前紹介した時はただ情報を書いただけで実際に使った事は無かったんですが、
実は2011年末から約5年間位に飲み続けました。

効果があったから5年間も飲み続けた訳ですが耐性をついてきたり、
なんだかんだで薬は怖いので飲むのをやめました。

というか正確はやめれてなくて生え際がヤバくなってくると飲んで回復させて
という状態を繰り返しています。

アボダード(デュタステリド)は僕がこれまで試して来た育毛法の中でも
一番効果がありました。というか生え際の髪の毛がうぶ毛レベルではなく
はっきりと生えてきたのはデュタステリドとフィナステリドを含む発毛剤を
服用した時だけです。

アボダードは飲み始めてから最初の1ヶ月位で初期脱毛が起きて
その後3ヶ月から6ヶ月の間にかなり髪の毛が増えました。

その後もずっと髪の毛の状態は維持していましたが、3年位経ってから効果が
弱くなってきました。おそらく耐性がついたためで、その後は一旦使用を
やめてまた服用を始めるという事を繰り返しています。

アボダードの服用を止めると結構抜け毛は激しくなり3ヶ月位でかなり抜けます。
僕の場合。

耐性を抜くためなら3ヶ月も止める必要はなく多分、1ヶ月もやめれば大丈夫だと思います。
完全に止めるのではなく毎日飲んでいたものを週2,3日やめるとかでもありだと思います。

生え際の髪の毛を増やしたい、これまで試した育毛法は全く効果がなかったという方には
アボダードはオススメです。
タグ:アボダード
posted by taka at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

5αリダクターゼを阻害する飲む育毛サプリメント

日本初!5αリダクターゼを抑制する育毛サプリ
若ハゲ、脱毛の原因の原因はテストテロン(TS)という男性ホルモンが、5αリダクターゼという還元酵素によってつくらるジヒドロテストテロン(DHT)であることは有名です。

ジヒドロテストテロン(DHT)は、テストテロン(TS)の脱毛作用の10〜100倍と言われており、若ハゲ、脱毛を予防するには5αリダクターゼの働きを抑制しジヒドロテストテロンの生成を抑える必要があります。

抜け毛の原因であるこの「5α-リダクターゼ」の活性を抑制する生薬エキスを配合した、日本初の飲む抜け毛予防サプリメントがサプリD 5α-Rです。

サプリD 5α-Rの詳細、ご購入はこちら
>>日本初!抜け毛の原因を抑制する!『サプリD』

サプリD「5α-R」に含まれている主な成分は次の通りです。
<ノコギリヤシ>
北米南東部に分布するヤシの一種で、45cm〜1mに広がる葉をつける。この葉がギザギザとしたノコギリのような形のため、ノコギリという名前がつきました。5α-リダクターゼの抑制作用とタンパク受容体に対するDHT結合の抑制作用があります。

<カボチャの種子エキス>
ウリ科に属する植物で、種子はドイツ薬局方にも載っており、有用性が研究論文等で報告されています。5α-リダクターゼ抑制作用のほかにプロスタグランジンE2の生合成の抑制効果もあります。

<亜鉛>
亜鉛は体内において不可欠な必須ミネラルの一つです。5α-リダクターゼ抑制作用があることが、ヨーロッパの医学文献で発表されています。

<クルクミンエキス>
クルクミンエキスはショウガ科のウコンの塊根から抽出された黄色いエキス。5α-リダクターゼ阻害作用は日本薬学会等で発表され、クルクミンは抗酸化サプリメントとしても最近注目されています。

<チョウジエキス>
フトモモ科チョウジノキの花蕾を乾燥したエキス。生薬のチョウジから抽出された主成分「オイゲノール」は、5α-リダクターゼ抑制作用のほかに抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用などがあります。

「サプリD 5α-R」は一般的な男性型脱毛症で悩んでいる方に、是非試していただきたいサプリメントです。

サプリD 5α-Rの詳細、ご購入はこちら
>>日本初!抜け毛の原因を抑制する!『サプリD』
posted by taka at 10:39| Comment(13) | TrackBack(4) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

Hatto(ハット) 飲む育毛サプリメント

Hatto(ハット)は育毛に効果的な成分、MSM(メチルサルフォニルメタン)、ミレットエキス、核酸、DHA、メカブ、ミネラル、亜鉛、セレン、クロム、ビタミンC、サンゴカルシウム、ビール酵母、コンドロイチン硫酸、硫酸、マグネシウム、鉄、ビタミンB群、CPP-2を配合した飲む育毛サプリメントです。



Hatto(ハット)に含まれる育毛成分の中で主要なものの解説を以下に示します。

MSM(メチルサルフォニルメタン)
MSM(メチル・スルフォニル・メタン)とは、天然有機体イオウ成分の1つです。人間にも必須の成分ですが、動植物の体内に存在する天然のイオウ成分で新鮮な果物や野菜などに多く含まれており、重要な栄養素のひとつですが、調理をすることによって大部分が失われ、食事だけでは摂りにくく不足がちな成分だといわれています。

ミレットエキス
ミレットエキスは、イネ科のキビの一種であるミレットの抽出成分です。ヨーロッパでは中世の頃から食用にしたり庶民の間で使われてきました。ビタミンB2・B6、含硫アミノ酸、ミネラルなどが多く含まれています。

核酸
核酸は1869年、スイスの化学者ミーシャーにより発見され、20世紀前半には遺伝子DNAとRNAが含まれていることが明らかになりました。核酸を多く含む食品が注目され、利用されるようになったのは1970年代後半になったころです。鮭の白子や酵母などからつくられた核酸が健康食品として利用されています。


鮫軟骨(サメ軟骨)
中国料理の高級食材で知られるフカヒレのことです。主要成分が「ムコ多糖体」と呼ばれる粘性物質(ねばねば成分)で、コンドロイチン硫酸がその重要な構成成分の1つです。


コンドロイチン
コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。加熱するとゲル化する性質をもち、食物繊維の仲間でもあります。コラーゲンとともに結合組織を構成しています。日々の生活で不足しがちな成分です。


続きを読む
posted by taka at 11:28| Comment(0) | TrackBack(3) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

蘇髪林(そはつりん)

蘇髪林(そはつりん)は髪のためのサプリメント


蘇髪林(そはつりん)は髪に良い成分を1つのカプセルにまとめた、髪のためのサプリメントです。

中国では昔から髪の毛のことを血余と呼び、その美しさの秘密は血液の流れと関係があると考えられ、髪を美しく保つためには髪に良いとされる食品が用いられてきました。

蘇髪林はこうした伝統的な食品を科学的な手段で抽出、濃縮してバランス良く配合し、カプセルに詰めこんだ髪のための健康補助食品です。

大豆イソフラボン、サメ肝臓エキス、黒大豆、ウコンを配合


蘇髪林は高含有率の大豆イソフラボンを使用しています。その他に、深海に生息しているアイザメの胆のうを含む肝臓のエキスや、黒大豆の皮エキス、松樹皮濃縮エキスを使い、これらにウコンをバランスよく配合して飲みやすいカプセルに詰め込んでいます。
それぞれの成分についての解説は次の通りです。

大豆イソフラボン
遺伝子組換えではない大豆を厳選して、イソフラボンを抽出、精製しています。蘇髪林には80%の高含有率の大豆イソフラボンを使用しています。
植物の色素成分であるフラボノイドの一種で、特に大豆に多く含まれるといわれています。

続きを読む
posted by taka at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ミレットエキス 飲む育毛剤

ミレットエキスとは


ミレットエキスは、イネ科のキビの一種であるミレットから抽出される成分です。ミレットエキスはヨーロッパでは中世頃から食用として愛用されており、食用以外に脱毛予防としても使われてきました。
ヨーロッパではミレットエキスの使用によって、薄毛の改善効果が70%以上という高い効果が実証されています。

現在ではミレットエキスを100倍に濃縮したものが、飲む育毛剤(経口育毛剤)として広く販売されています。

ミレットエキスに含まれる成分


育毛に効果的なミレットエキスには次の成分が含まれています。
ミレットエキスに含まれる育毛に効果的な成分
成分名称 効果
ミリアシン 炎症抑制作用
ローズマリー酸 血行促進
高度不飽和脂肪酸 皮膚障害
ケイ素 髪などのコラーゲンを束ねて、結合組織を強化するための必須成分

ミレットエキスには、これらの成分の他にも髪に良いといわれる亜鉛などのミネラルを含んでいます。

ミレットエキスと一緒に取ると効果的な成分


ミレットエキスと一緒に摂取すると、育毛に効果的と言われている成分があります。
ミレットエキスと一緒に取った方が良い成分はコラーゲン、ビオチン、ビール酵母です。これらの成分についての詳細は以下の通りです。

コラーゲン
コラーゲンは髪や爪の主要な構成要素で、コラーゲンが不足すると白髪や抜け毛、薄毛などのトラブルが起こります。

アメリカで毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間飲むという実験が行われ、その結果髪の太さが10%太くなったという研究結果があります。
しかし摂取を止めると、髪は元の太さに戻るので髪の太さを維持するためには毎日摂取し続ける必要があります。

ビオチン
ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、ビタミンB群の一種です。
ビオチンはたんぱく質の生成に関与しており、肌を作り出す細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促して皮膚の機能を正常に保ちます。

ビオチンを摂取すると次のような効果が得られます。
・肌荒れや肌の乾燥を改善し、美肌効果
・脱毛・白髪の予防
・皮膚炎の予防
・核酸、性ホルモン、脂肪酸の合成
・疲労回復
・食欲不振の改善
・筋肉痛の改善
・神経、皮膚組織、生殖機能の維持


ビール酵母
ビール酵母は非常に多くの栄養素を含んでおり、その構成比率は50%がたんぱく質(アミノ酸)、30%が食物繊維、残りの20%がビタミン、ミネラル、核酸、システインペプチドとなっています。
ビール酵母は、人体で生成することが出来ない必須アミノ酸9種をすべて含み、その他に9種類と全部で18種類のアミノ酸を含んでいます。 これらの成分が毛髪にハリ、ツヤを与えます。

さらにビール酵母は髪に良いと言われている亜鉛を含んでいます。
亜鉛について詳細はこちら
>>亜鉛で薄毛、脱毛予防(別ウィンドウが開きます)

クイーンミレットコラーゲン 100倍濃縮ミレットエキスとコラーゲン、ビオチン、ビール酵母を含む


上記の
・100倍濃縮ミレットエキス
・コラーゲン
・ビオチン
・ビール酵母
をすべて含むクイーンミレットコラーゲンと呼ばれる飲む育毛剤があります。
続きを読む
posted by taka at 06:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

髪精丸α 感想、愛用者の声

髪精丸α 感想、愛用者の声をご紹介します。


市販の育毛・養毛剤では効果が出ず、もうカツラを買おうかと迷っている時に【食べる育毛剤】のことを知りました。

藁にもすがる気持ちでしたが3日ほど過ぎると寝つきが良くなり身体が軽くなったのには驚きました。2ヶ月ほどたち美容院で「髪が太くなっていますが何か使っていますか?」と聞かれた時には飛び跳ねたくなるほど嬉しかったです。

 飲み初めて半年になりますが「増毛したの?」とよく聞かれるので返答に困っています。
  
男性28才・京都府


40代半ばを過ぎた頃から元気がなくなり、遺伝でもないのに頭頂部が少し薄くなったのを気にしていました。

夜のほうも弱くなってしまい、妻にも「元気が無いわね」と言われる始末。そんな時、【精力減退に効く育毛剤】が雑誌で紹介されているのを見て人づてに入手しました。

  夜の方は約3週間で効果はバッチリ。3ヶ月経った今では髪も元通りになり人から覗き込まれることも無くなりました。  

男性49才・奈良県

続きを読む
posted by taka at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪精丸α 飲む育毛剤 

髪精丸αは漢方の飲む育毛剤


育毛剤としてまず思い浮かぶのは、頭皮に直接ふりかけるタイプだと思いますが、世の中には飲む育毛剤があります。
飲む育毛剤を言えば万有製薬プロペシアがありますが、プロペシアを医師の処方箋を必要とし副作用の危険性もあります。
さらにプロペシアは女性は服用することができません。

今回ご紹介するのは髪精丸αと呼ばれる飲む育毛剤です。
髪精丸αは漢方の力によって身体の自然治癒力を高め、体内の発毛環境を整える飲む育毛剤です。

髪精丸αは発毛育毛効果以外にも様々な効果があります


髪精丸αは飲む育毛剤で、育毛以外にも白髪予防、滋養強壮、更年期障害にも効果があるといわれています。

髪精丸αは、元静岡薬科大学学長の小菅卓夫氏の考案された「気血水理論」に基づき開発されたものです。 気・血・水を整え自然治癒力を高め、発毛育毛効果をもたらそうというものです。

気・血・水とは、病気にならず体を正常な状態に保つ扶正という考え方に必要な3要素です。

髪精丸αにはサメ肝臓エキスウコン(クルクミン)大豆イソフラボンが含まれており、
サメ肝臓エキスによって
ウコン(クルクミン)によって
大豆イソフラボンによっての力を整えます。

扶正(身体を正常な状態に保つ)の三要素「気血水」について
髪精丸α 血・気・水理論.bmp
サメ肝臓エキス

機能を発揮するために良質の血液(全身をくまなく滋潤し、かつ必要な栄養をもたらす)を身体のすみずみに供給する。
ウコン(クルクミン)

供給された血液が身体の各部でエネルギーとなって、その生理機能を進行させ、精神活動を推進する。これらの機能を動かす力のこと。
大豆イソフラボン

血管から先の組織、漿液へ栄養物質を供給したり、血液が体内を循環して、エネルギーとして使われた後に出てくる老廃物や過剰となった水分を排泄する。


サメ肝臓エキス、ウコン(クルクミン)、大豆イソフラボンの働き、効果は次の通りです続きを読む
posted by taka at 00:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

プロペシア(フィナステリド)ついに発売

万有製薬は、飲む育毛剤として話題のプロペシア(フィナステリド)を2005年12月14日に発売すると発表しました。

プロペシア(フィナステリド)は、米メルク社が開発・販売する内服型の男性型脱毛症(AGA)用の薬で、高い発毛、育毛効果が確認されており、世界60カ国以上で承認されています。

日本では2003年月3月から厚生労働省への許可申請がされ、万有製薬が2005年10月11日から輸入承認を取得していました。

当初は2005年の11月に発売を予定していましたが、予想以上の反響に出荷体制に時間がかかると予想し、安定供給するために発売時期を延期しました。この発売の延期で、薄毛に悩む人たちはかなりヤキモキしたのではないでしょうか。

続きを読む
posted by taka at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする