2006年12月23日

ヒノキチオールの育毛効果

ヒノキチオールについて


ヒノキチオールは檜から抽出されるヒノキ油や、国産ヒバ油の中に含まれている殺菌作用が強いアルコール成分です。ヒノキチオールは殺菌力が強い事や、細胞を活性化するなど育毛を促進する効果がある事から育毛剤にも使用されています。

木こりにハゲが少ない事実から育毛剤へ


ヒノキチオールが育毛剤に使用される様になった背景には、檜を伐採している木こりに若ハゲ、薄毛の人が少ない事が関係しています。この事実からヒントを得てヒノキチオールは育毛剤に使用されるようになりました。

ヒノキチオールは殺菌作用が強いので、檜で作られた家などはなかなか腐敗しない事でも知られています。また森林浴効果もあるのでリラックスした気分になれます。化粧品でもヒノキチオールを含んでいる化粧品は防腐剤を必要としないものが多く、その多くは医薬部外品となっています。

ラベル:育毛成分
posted by taka at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック