2006年07月29日

毛乳頭と毛母の関係

頭皮中の毛包の上の方に皮脂腺が開いているのですが、休止期を経て痩せた毛乳頭は上昇を始め、その皮脂腺のあたりまで引き寄せられていきます。そうすると、表皮に毛母細胞が発生し毛乳頭を包み込んで新たな毛球ができあがります。

新しくできた毛球は下の方に戻って行き、そこで新しい髪の毛が生成されます。髪の毛が生え、抜けるという仕組みはこの繰り返しから成っています。

休止期の毛乳頭が、表皮と真皮の境目付近に上昇し毛母にすりよることによって毛球の再生が起こるのです。この髪の生成のメカニズムはまだ解明されていない事が多く、今も全世界で研究が進められています。



posted by taka at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21584424

この記事へのトラックバック