2005年12月01日

プロペシア(フィナステリド)ついに発売

万有製薬は、飲む育毛剤として話題のプロペシア(フィナステリド)を2005年12月14日に発売すると発表しました。

プロペシア(フィナステリド)は、米メルク社が開発・販売する内服型の男性型脱毛症(AGA)用の薬で、高い発毛、育毛効果が確認されており、世界60カ国以上で承認されています。

日本では2003年月3月から厚生労働省への許可申請がされ、万有製薬が2005年10月11日から輸入承認を取得していました。

当初は2005年の11月に発売を予定していましたが、予想以上の反響に出荷体制に時間がかかると予想し、安定供給するために発売時期を延期しました。この発売の延期で、薄毛に悩む人たちはかなりヤキモキしたのではないでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)は飲むことによって若ハゲの原因と言われている5αリダクターゼの働きを阻害します。医薬品で副作用もあるので、日本で購入する場合は医師の診断・処方箋が必要となりますが、保険は適用外で全額患者負担となります。




posted by taka at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック