2006年07月22日

リグローについて解説

リグローはミノキシジル系育毛剤


リグローはミノキシジル系育毛剤で、ミノキシジルが5%含まれている「ノーマル」タイプ、ミノキシジルにDMSO(Dimethyl sulfoxide ジメチルスルホキシド)を加えた「MAX」タイプ、ミノキシジルの濃度が6%の「フォルテ」タイプがあります。

リグローの「MAX」タイプに含まれている成分DMSO(Dimethyl sulfoxide ジメチルスルホキシド)は、ミノキシジルの吸収率を高める作用があるそうです。しかし、吸収率が良い反面副作用の危険性も高くなります。

ミノキシジルを6%含むリグロー「フィルテ」タイプは、5%のものより濃度が高くなっていますが、ザンドロックスなどはミノキシジルの濃度12.5%、15%のものがあり特に濃度が高いという訳ではありません。

リグローはこれまで専用シャンプーとセット販売でしたが、2005年9月から「ノーマル」、「フォルテ」タイプに関してはシャンプーが付かないタイプが販売され価格も安くなりました。専用シャンプーについては、リグロー社も育毛効果が高まる訳ではないと言っているので、リグローを購入する時はシャンプーが付かないタイプの方がお得です。
posted by taka at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外の発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミノキシジル ローションタイプ12.5%
Excerpt: ミノキシジルは毛包に直接作用し、細胞増殖やタンパク質合成を促進します。休止期の毛包を初期成長期へ移行促進させる作用があり、新しい髪の毛の発毛を促進させます。 さらにミノキシジルは、成長期を維..
Weblog: 健康食品で家族みんな健康生活
Tracked: 2006-08-29 13:01