2006年07月16日

ザンドロックスの効果、副作用について

ザンドロックスのミノキシジル含有量は5%、12.5%、15%


ザンドロックスは有効成分ミノキシジル、ロゲインやリアップと共通の成分からなる塗布タイプの育毛剤(発毛剤)です。
ザンドロックス社のミノキシジル製品はロゲインや他のミノキシジル系育毛剤と濃度や含有成分といった点で差別化が図られているのが特徴です。

ザンドロックスは米ザンドロックス社の有効成分がミノキシジルの育毛剤です。ミノキシジルを含有している育毛剤としては、5%、2%のロゲイン、日本では1%のリアップがありますが、ザンドロックスのミノキシジル含有量は5%、12.5%、15%とかなり濃度が高くなっています。また、男性ホルモンを抑制する効果があるアゼライン酸ニコチン酸ベンジルを配合しています。

またザンドロックスはプロピレングリコールがまったく含まれていなものと、20%含まれているものがあります。ロゲインにはプロピレングリコールが50%含まれており、ロゲインに比べてザンドロックスはあまりべとつかないようです。

ロゲインで副作用がなければ、ザンドロックスを使用できる可能性があります


ザンドロックスは12.5%、15%とミノキシジルの濃度が高いので、ミノキシジル含有量が2%、5%のロゲインで効果を実感できなかった人でも効果が出る可能性があります。しかし12.5%、15%のザンドロックスを使用する場合、低濃度のロゲインで頭皮のかぶれや発疹などの副作用が出ないことを確認してから使用するようにしたほうが良いです。

ロゲインやリアップは頭頂部の発毛、育毛には効果があると言われていますが、前頭部の生え際には効果が薄いと言われています。しかし、ザンドロックスは生え際にも効果があると言われています。

またザンドロックスはミノキシジル含有量が12.5%、15%と高濃度なため、1日1回、使用量は1mlとなっています。

サンドロックスは個人輸入代行業者などのショップで購入することができますが、副作用の危険もあるので、十分に注意して購入するようして下さい。
posted by taka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外の発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック