2006年07月16日

分娩後脱毛症とは

分娩後脱毛症は出産後の女性に起こる脱毛症


分娩後脱毛症とは、出産後の女性に起こる脱毛症です。妊娠により女性モルモンの分泌のバランスが崩れ、髪の毛が抜けます。
妊娠中にエストロゲンなどの性ホルモンの影響により成長期の髪の毛が増え、これらの髪の毛が出産後休止期に入るため抜け毛が増加すると言われています。
分娩後脱毛症出産後の抜け毛が多くなりますが、通常深刻な脱毛症にはならず産後半年から1年程度で自然に回復します。

女性の薄毛に効果的な育毛剤
>>リリィジュミスト
>>ミレットエキス
posted by taka at 17:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20678663

この記事へのトラックバック

分娩後脱毛症で悩んでいる方の記事
Excerpt: ネットで見かけた、分娩後脱毛症関係の記事を集めました。どうぞ参考にしてください。
Weblog: 分娩後脱毛症でお悩みの方へ
Tracked: 2006-09-16 13:10