2006年06月27日

粃糠性脱毛症 頭皮が乾燥しフケが生じる

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)とは


フケには乾燥したフケと脂っぽいフケがあります。洗浄力の強いシャンプーや、洗髪のやり過ぎによって頭皮が乾燥しフケが出てかゆみを伴う症状を粃糠性脱毛症と呼びます。

フケによって毛穴がふさがれ、かゆみで頭皮を引っ掻くと炎症を起こし抜け毛が増えます。粃糠性脱毛症になると毛髪は乾燥し、細く短くなり、前頭部から頭頂部にかけて脱毛し始め次第にその範囲が広がっていきます。粃糠性脱毛症は思春期以降の男性に多いと言われています。

粃糠性脱毛症の治療、予防に効果的な方法


粃糠性脱毛症による頭皮の炎症にはステロイド外用薬を使います。かゆみに対しては、抗ヒスタミン薬やビタミンB2、B6を摂取します。
シャンプーは頭皮への刺激が少ないアミノ酸系界面活性剤シャンプーを使うようにしましょう。また、シャンプーのすすぎ残しにも十分気をつけ、しっかりと洗い流すようにしましょう。
posted by taka at 06:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイ、とても勉強になりました。
ブログもすっきりしていますね。
当方も頑張ります。
又訪問させていただきます。

それでは、応援クリック。
Posted by ヘアケアー・髪の泉 at 2006年06月29日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック