2006年05月05日

塩化カルプロニウムとは

塩化カルプロニウムは頭皮の血流を増大させる


塩化カルプロニウムは、頭皮の毛細血管を拡張し血流を増加させる作用が非常に強いことが特徴です。塩化カルプロニウムはもともとフロジン液という名前で、医療機関向けに円形脱毛症などの治療薬として使用されていました。

フロジン液が使用される前はオビソートという薬が注射薬として使用されていましたが、フロジン液はオビソートに比べ血管拡張作用が強くその持続性も10倍となっています。

塩化カルプロニウムが配合されている育毛剤はカロヤンシリーズが有名です。 育毛剤は医薬部外品が多いですが、塩化カルプロニウムを含むカロヤンシリーズは医薬品となっています。
塩化カルプロニウムを含む育毛剤はこちら 塩化カルプロニウムを含む育毛剤
posted by taka at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック