2006年04月24日

男性型脱毛症(AGA)に影響を及ぼす4つの要因とは

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす4つの要因


薄毛を引き起こすのは次の4つの要因がいくつか絡み合っているのでないかと考えられています。

男性型脱毛症AGA)を引き起こす4つの要因は遺伝、ストレス、男性ホルモン、生活習慣です。

遺伝
親より受け継いだDNA(デオキシリボ核酸)に、体を形成するプログラムが組み込まれていますが、この中に髪の成長を・害するプログラムがあれば脱毛にいたるようです。しかし遺伝には、多因子遺伝といわれ様々な要因が重なっているため、両親や祖父母が薄毛でもその子供が必ず薄毛になるとは限らないようです。

ストレス
過度のストレスによって、ホルモン分泌系、自律神経系の働きを狂わせ毛根の細胞機能に悪い影響を与えます。そして頭皮の毛細血管を収縮させ、頭皮が硬く緊張し皮脂の分泌も過剰になります。

男性ホルモン
脱毛はDHTジヒドロテストステロン)というホルモンが、毛根の働きを弱めるために引き起こされます。DHT(ジヒドロテストステロン)は、テストステロンというホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変換され生成されます。

生活習慣
栄養のバランスが悪い偏った食生活、食事を・る時間が一定しない、睡眠不足、過度のダイエット、運動不足などは体の代謝機能をにぶらせ、頭皮に栄養が供給されないなど脱毛の原因になると言われています。

これら4つの要因を取り除くことによって、髪の毛が発毛する可能性が高くなります。
ストレスと生活習慣については、自分の力で改善させることが出来ます。 ストレスを発散させ、髪の毛の事について過剰な心配をしないようにして(それも難しいですが)、食生活や睡眠時間などを見直してみましょう。

また最近では、男性ホルモンの働きを阻害する薬プロペシア(フィナステリド)が発売されています。
フィナステリド(プロペシア)について解説

最近話題沸騰です
日本初!5αリダクターゼを阻害するサプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16993819

この記事へのトラックバック