2006年12月23日

ヘアメディカルスカルプDの開発背景|大人気の育毛シャンプー

ヘアメディカルスカルプDとは?

ヘアメディカスカルプD(薬用スカルプD)は、日本で唯一頭髪治療を専門的に行っている病院の医師チームによって研究開発された育毛シャンプーです。

頭髪治療専門医チームでは、これまでに治療した約23万人(延べ人数)のデータを元にヘアメディカルスカルプDを開発しました。

ヘアメディカルスカルプDの開発背景について

ヘアメディカルスカルプDを開発した頭髪治療の医師チームは、治療過程において約8割の患者が発毛治療の効果に満足しているのに対し、残りの2割の患者の発毛治療がなかなか効果が出ない事に疑問を持ち、これまでの臨床データを収集して大規模な統計調査に乗り出しました。

専門医チームでは発毛効果の違いは従来、 「頭髪治療に使っている薬剤の感受性の違いや生活習慣の違いによるもの」と仮定して様々な角度から統計調査を行いましたが、効果の違いが確認できる理由がなかなか見つかりませんでした。

しかしそれでも諦めず研究を進めていくうちに「頭皮の状態によって発毛効果が違う」という一つの仮説にたどり着きました。

そしてその仮説を元に、専門医達が育毛シャンプーをオリジナルで作成し患者に処方した所、これまで発毛効果がなかなか得られなかった患者に効果が表れたのです。

そしてこの育毛シャンプーの研究をさらに進めて、開発されたシャンプーがヘアメディカルスカルプDという訳です。ヘアメディカルスカルプDは、実際の医療の現場から研究開発された育毛シャンプーでその信頼感は絶大です。

ヘアメディカルスカルプDの正規販売サイトはこちら

抜け毛予防は頭皮の改善から!ヘアメディカル・スカルプD



posted by taka at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭皮に良いシャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒノキチオールの育毛効果

ヒノキチオールについて


ヒノキチオールは檜から抽出されるヒノキ油や、国産ヒバ油の中に含まれている殺菌作用が強いアルコール成分です。ヒノキチオールは殺菌力が強い事や、細胞を活性化するなど育毛を促進する効果がある事から育毛剤にも使用されています。

木こりにハゲが少ない事実から育毛剤へ


ヒノキチオールが育毛剤に使用される様になった背景には、檜を伐採している木こりに若ハゲ、薄毛の人が少ない事が関係しています。この事実からヒントを得てヒノキチオールは育毛剤に使用されるようになりました。

ヒノキチオールは殺菌作用が強いので、檜で作られた家などはなかなか腐敗しない事でも知られています。また森林浴効果もあるのでリラックスした気分になれます。化粧品でもヒノキチオールを含んでいる化粧品は防腐剤を必要としないものが多く、その多くは医薬部外品となっています。

ラベル:育毛成分
posted by taka at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。