2006年08月01日

Hatto(ハット) 飲む育毛サプリメント

Hatto(ハット)は育毛に効果的な成分、MSM(メチルサルフォニルメタン)、ミレットエキス、核酸、DHA、メカブ、ミネラル、亜鉛、セレン、クロム、ビタミンC、サンゴカルシウム、ビール酵母、コンドロイチン硫酸、硫酸、マグネシウム、鉄、ビタミンB群、CPP-2を配合した飲む育毛サプリメントです。



Hatto(ハット)に含まれる育毛成分の中で主要なものの解説を以下に示します。

MSM(メチルサルフォニルメタン)
MSM(メチル・スルフォニル・メタン)とは、天然有機体イオウ成分の1つです。人間にも必須の成分ですが、動植物の体内に存在する天然のイオウ成分で新鮮な果物や野菜などに多く含まれており、重要な栄養素のひとつですが、調理をすることによって大部分が失われ、食事だけでは摂りにくく不足がちな成分だといわれています。

ミレットエキス
ミレットエキスは、イネ科のキビの一種であるミレットの抽出成分です。ヨーロッパでは中世の頃から食用にしたり庶民の間で使われてきました。ビタミンB2・B6、含硫アミノ酸、ミネラルなどが多く含まれています。

核酸
核酸は1869年、スイスの化学者ミーシャーにより発見され、20世紀前半には遺伝子DNAとRNAが含まれていることが明らかになりました。核酸を多く含む食品が注目され、利用されるようになったのは1970年代後半になったころです。鮭の白子や酵母などからつくられた核酸が健康食品として利用されています。


鮫軟骨(サメ軟骨)
中国料理の高級食材で知られるフカヒレのことです。主要成分が「ムコ多糖体」と呼ばれる粘性物質(ねばねば成分)で、コンドロイチン硫酸がその重要な構成成分の1つです。


コンドロイチン
コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。加熱するとゲル化する性質をもち、食物繊維の仲間でもあります。コラーゲンとともに結合組織を構成しています。日々の生活で不足しがちな成分です。


続きを読む
posted by taka at 11:28| Comment(0) | TrackBack(3) | 飲む育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。