2006年07月31日

リ・ハール・ミバエ 男性ホルモンを阻害する育毛剤

毛髪育毛学会の理事をしており、また大手カツラメーカーの顧問も勤め長年薄毛の研究に取り組んできた石原 秀一氏と、株式会社日建メディカルで生薬に関する有効成分特定、抽出の研究に携わってきた加藤豊也氏が長い年月をかけ開発した育毛剤がリ・ハール・ミバエです。

リハールミバエにはホウセンカ抽出エキスが含まれています。

ホウセンカについて
ホウセンカは世界中で栽培され、日本でも観賞用として広く知られており、小学校の教科書にも出てくるほどです。近年このホウセンカについての研究が進められ、アレルギーに抵抗する働き、かゆみを軽減する働きがあることが明らかになりました。

さらにホウセンカから抽出されるエキスの中に、脱毛・薄毛の原因となる5αリダクターゼの働きを阻害するインパチエノールが含まれていることが発見されました。ホウセンカ抽出エキスは脱毛・薄毛に働きかけるだけでなく、かゆみ・フケ防止、髪の保湿など頭皮にオールマイティに働きかける素材として注目を集めています。

このホウセンカ抽出エキス、インパチエノールを含んだ育毛剤がリ・ハール・ミバエです。 続きを読む
posted by taka at 10:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする