2006年07月29日

ホホバオイルで育毛

ホホバオイルは、アメリカ南西部の砂漠地方などに自生しているホホバという植物の実から抽出した天然のオイルです。
ホホバオイルは、構造的に人間の皮下脂肪と似ており肌になじみやすいオイルで、抗酸化作用を持つビタミンEや、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを含んでおり育毛に効果が期待できます。

ホホバオイルの効能は
頭皮に詰まった皮脂を溶かすにはオイルを使うことが効果的といわれており、ホホバオイルは頭皮の皮脂と似た構造で皮脂を溶かすのに効果的です。
またホホバオイルは頭皮の皮脂の役割を果たし、皮脂の過剰分泌を抑えるとともに乾燥した頭皮にも潤いを与えます。

続きを読む
posted by taka at 10:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 頭皮を洗浄する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛乳頭と毛母の関係

頭皮中の毛包の上の方に皮脂腺が開いているのですが、休止期を経て痩せた毛乳頭は上昇を始め、その皮脂腺のあたりまで引き寄せられていきます。そうすると、表皮に毛母細胞が発生し毛乳頭を包み込んで新たな毛球ができあがります。

新しくできた毛球は下の方に戻って行き、そこで新しい髪の毛が生成されます。髪の毛が生え、抜けるという仕組みはこの繰り返しから成っています。

続きを読む
posted by taka at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪は皮膚が変化してできています

髪は頭皮の一部というと本当かと疑ってしまいますが、解剖学的には髪は皮膚の一部が変化してできたものということは明らかです。頭皮の健康はそのまま髪の健康につながります。

頭皮は皮膚の表面である表皮層と、その下の真皮層の2重構造となっておりその下に皮下脂肪があります。外側の表皮が保護膜の役割を果たしており、表皮の奥で細胞が分裂を繰り返し、最外層に角質を形成しています。

この角質が重なり合い剥がれ落ちたものが垢です。表皮層が細胞分裂してから、垢になって剥がれ落ちるまでのサイクルは4週間位と言われています。

表皮の下の真皮の大部分は、膠原繊維(こうげんせんい)から成っており、血管や神経が細かく張り巡らされ細胞と膠原繊維をつくりだして、表皮を支えています。

続きを読む
posted by taka at 08:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 髪の毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする