2006年07月22日

リグローについて解説

リグローはミノキシジル系育毛剤


リグローはミノキシジル系育毛剤で、ミノキシジルが5%含まれている「ノーマル」タイプ、ミノキシジルにDMSO(Dimethyl sulfoxide ジメチルスルホキシド)を加えた「MAX」タイプ、ミノキシジルの濃度が6%の「フォルテ」タイプがあります。

リグローの「MAX」タイプに含まれている成分DMSO(Dimethyl sulfoxide ジメチルスルホキシド)は、ミノキシジルの吸収率を高める作用があるそうです。しかし、吸収率が良い反面副作用の危険性も高くなります。

ミノキシジルを6%含むリグロー「フィルテ」タイプは、5%のものより濃度が高くなっていますが、ザンドロックスなどはミノキシジルの濃度12.5%、15%のものがあり特に濃度が高いという訳ではありません。

続きを読む
posted by taka at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外の発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。