2006年07月17日

ビタミノックスについて解説

ビタミノックスはスペイン製のミノキシジル系育毛剤です


ビタミノックスは、スペインのビタミノックス社が販売しているミノキシジルを含む育毛剤です。ビタミノックスには5%のミノキシジルを含んでいる「ノーマル」タイプと、アゼライン酸を含む「+アゼライン酸」タイプ、アゼライン酸とレチンAが含まれている「SPECIAL」タイプがあります。

ビタミノックスは独自の製造法によって、他のミノキシジル系育毛剤よりも頭皮への浸透性が高いと言われています。ミノキシジルを溶かす際に使用されるプロピレングリコールも質の良いものを用い、分量も抑えられているため頭皮の炎症、かぶれなどが起きにくいと言われています。

ビタミノックスに含まれるアゼライン酸とレチンAについて


アゼライン酸は、穀物などに含まれる天然物質で、抜け毛の原因である5αリダクターゼの働きを阻害する効果があると言われています。しかし最近では5αリダクターゼを阻害しないという説も浮上してきているようです。

続きを読む
posted by taka at 14:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外の発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンペシアについて解説

フィンペシアはジェネリック医薬品


フィンペシアは、プロペシアの主成分フィナステリドの特許が切れた後に製造されたジェネリック医薬品です。フィンペシアはCiplaという会社が製造しており、プロペシアと同じ効果があり、プロペシアよりも値段が安価です。

ジェネリック医薬品とは・・・新しく開発された医薬品は膨大な研究時間と、莫大な研究費が掛かって製品化されるため、その製品は特許によって守られ価格も高くなります。先発医薬品などと言われます。
この新薬の特許が切れた後に製造・販売される医薬品がジェネリック医薬品と呼ばれます。後発品、後発薬、後発薬品などとも呼ばれます。


世の中の先発医薬品にはバイアグラ、プロペシア、プロスカーなどがあり、この先発医薬品に対してのジェネリック医薬品はシラグラ、フィンペシア、フィンカーなどです。

続きを読む
posted by taka at 09:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外の発毛剤、育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする