2006年07月01日

髪に良い食品、食べ物

髪のためにはバランスのとれた食事が一番良い


髪の成分は基本的にケラチン(硬タンバク)からできており、髪のためには良質なタンパク質である豆腐、納豆、大豆、魚、肉などを積極的に食べるようにしたいものです。

しかし例えば肉ばかり食べていても栄養が偏り、動物性脂肪の取り過ぎとなり髪にとっても良くありません。髪のために良い食事は結局、バランスの取れた食事が1番です。厚生労働省でも1日30品目と呼び掛けています。

しかし実際にはファーストフードや加工食品などカロリーが高く、ビタミン、ミネラルなどが少ない食品を食べる機会が多く、バランスの取れた食事をすることは難しいのが現状です。
特にビタミン、ミネラルなど髪のために良い栄養素は不足しがちです。ビタミン、ミネラルを含む食品を意識して取るようにしたいものです。

次に髪に良いビタミン、ミネラルなどを含む食品の一覧を示します。

髪に良いビタミン、ミネラル等を含む食品一覧
ビタミンA

卵、乳製品、牛乳、レバー、緑黄色野菜など
ビタミンB1

豚肉、牛乳、玄米、ピーナッツなど
ビタミンB2

レバー、チーズ、牛乳、緑黄色野菜、魚、卵など
ビタミンB6

レバー、大豆、卵、キャベツ、クルミなど
ビタミンB12

牛肉、豚肉、レバー、牛乳、チーズなど
ビオチン(ビタミンH)

牛レバー、いわし、卵黄、牛乳、大豆、玄米など
ビタミンC

みかん、レモン、イチゴ、トマトなど
ビタミンE

大豆、小麦胚芽、卵、植物油、ナッツ類など
ビタミンF

大豆、クルミ、ピーナッツ、海草、植物油など
パントテン酸

レバー、緑黄色野菜、玄米、小麦胚芽、鶏肉など
葉酸

ニンジン、カボチャ、豆腐、緑色の野菜など
亜鉛

カキ、レバー、魚、納豆、牛肉など


上記に挙げた髪に良い食べ物を積極的に取るようにしたいですが、続きを読む
posted by taka at 22:41| Comment(1) | TrackBack(1) | 抜け毛を減らす方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠不足は抜け毛の原因?

睡眠不足と抜け毛の関係


髪の毛母細胞の細胞分裂は夜9時前後がピークとなり、夜10時から午前2時までがもっとも髪の毛が成長すると言われています。そのため、この時間帯はできるだけ身体をリラックスさせ頭皮によく血液が流れるようにすると、髪にも良い影響を与えます。

睡眠不足や夜更かしが続くと毛母細胞の分裂が低下し、頭皮への血流も低下します。このため髪の成長に悪い影響を与えるので睡眠時間はなるべくきちんと確保したいものです。

熟睡した朝は肌のツヤが良いのは誰しも実感するはずです。逆に夜更かし、睡眠不足が続くと肌が荒れや抜け毛、髪のツヤがなくなります。

睡眠時間には個人差があり、ショートスリーパーと呼ばれる人は6時間未満、ロングスリーパーの人は8時間以上と言われていますが、ほとんどの人は6〜8時間位の睡眠が理想的と言われています。睡眠時間自体も重要ですが、睡眠の深さも同様に大切です。

髪のために睡眠不足を解消し、深い睡眠をとる


深い睡眠を得るための工夫は
続きを読む
posted by taka at 07:01| Comment(1) | TrackBack(2) | 抜け毛を減らす方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする