2006年06月30日

リバイボゲン 海外の育毛剤

リバイボゲンは100%天然成分の育毛剤


リバイボゲンは米アドバンスドスキン・アンド・ヘアー社から販売されている育毛剤です。リボバゲインは必須脂肪酸であるリノレン酸、リノール酸など100%天然成分で作られており、副作用もなく男女共に使用できると言われています。

ハゲになる原因はテストテロンというホルモンが、5αリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストテロン(DHT)という脱毛を引き起こすホルモンに変換されるためです。
このジヒドロテストテロン(DHT)がアンドロゲンレセプター(受容体)と結合し脱毛にいたります。

抜け毛、脱毛の起こる仕組み
テストテロン ジヒドロテストテロン⇒
(DHT)
アンドロゲンレセプター⇒
と結合
脱毛、抜け毛
   ↑
5αリダクターゼ

ハゲを誘発するホルモン、ジヒドロテストテロン(DHT)は男性だけでなく、女性の身体でも生成されます。しかし女性の場合はエストロゲン、プロゲステロンというホルモンによって、ジヒドロテストテロンの働きから髪を守ってくれます。

しかし最近では、女性の社会進出による身体的、精神的ストレスや喫煙によりホルモンのバランスが崩れ、女性の男性型脱毛症も見受けられます。

さらに、更年期障害が見られる40歳くらいからエストロゲンの働きが不安定になりジヒドロテストテロン(DHT)の生産が増すことにより、脱毛が起こるようになります。

リバイボゲンの脱毛を阻害する働き


リバイボゲンの働きは次の通りです。
○5αリダクターゼの働きを阻害しジヒドロテストテロン(DHT)の生成を抑える
○ジヒドロテストテロン(DHT)とアンドロゲンレセプター(受容体)の結合を阻害する

リバイボゲンはこれらの働きによって活動が弱まっていた毛根、活動が休止していた毛根を活性化し発毛を促進させます。

リバイボゲンは100%天然成分なので、下記の表を見ても分かるとおり副作用もなく安心して使用できることが分かります。

リバイボゲン、プロペシア、ロゲインの比較
商品名 リバイボゲン プロペシア ロゲイン
DHT生成の阻害 ×
DHTとアンドロレセプター(受容体)の結合を阻害する × ×
毛乳頭への血液循環を高める ×
安全に男性・女性が使用できる ×
副作用 なし あり あり


リバイボゲンはアメリカでTV、ラジオなどで紹介されています


続きを読む
posted by taka at 07:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 抜け毛を減らす方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする