2006年06月20日

5αリダクターゼ(1型、2型)について 5αリダクターゼを抑制し脱毛予防

5αリダクターゼ、テストテロン(TS)、ジヒドロテストテロン(DHT)について


頭髪が抜け落ちハゲとなる原因の1つが男性ホルモンのジヒドロテストテロン(DHT)です。このDHTは、テストテロンン(TS)というホルモンから5αリダクターゼという酵素の働きによって生成されます。脱毛を促進させる作用がDHTはテストテロンの10倍から100倍と言われています。


テストテロン(TS)ジヒドロテストテロン(DHT)
       ↑
5αリダクターゼが働く


脱毛を抑えハゲを解消するには男性ホルモンのDHTを抑制するよりも、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTを生成を予防することです。
当サイト管理人は5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTを生成しないようにすることが1番のハゲ対策と考えています。

1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼについて


5αリダクターゼには1型と2型の2種類、1型5αリダクターゼ2型5αリダクターゼがあることが分かっています。 1型5αリダクターゼは髪の毛の脂線に、2型5αリダクターゼは毛乳頭に存在していると言われています。

最近では1型5αリダクターゼよりも2型5αリダクターゼの方が強力に脱毛に作用することが分かっています。さらに1型5αリダクターゼは頭皮の前頭部と頭頂部に、2型5αリダクターゼは前頭部に存在することが分かっています。

5αリダクターゼを阻害する発毛剤、食品


5αリダクターゼを阻害する経口タイプの発毛剤として有名なのはフィナステリド(プロペシア)がありますが、続きを読む