2006年06月09日

若ハゲになりやすいかをチェックする方法

若ハゲは遺伝する


若ハゲになりやすい体質は遺伝します。これは親が若ハゲていればその子供も高い確率でハゲる事からも確実です(例外もあります)。自分の両親や祖父母の頭髪を観察すれば、自分は若ハゲになりやすいかを知ることができます。

しかし当サイトでも紹介していますが若ハゲつまり男性型脱毛症(AGA)になるかどうかは遺伝、ストレス、男性ホルモン、生活習慣の4つの要因が絡み合っています。

男性型脱毛症(AGA)に影響を及ぼす4つの要因とは(別ウィンドウが開きます)

若ハゲのチェック方法


男性型脱毛症(AGA)の4つの要因のうち遺伝について両親、祖父母の頭髪を観察してその可能性をチェックする方法を以下に示します。

ランク1
自分の父親が若ハゲで、母親も頭髪が薄い。この場合はハゲになる可能性がかなり高い。

ランク2
父親が若ハゲだが、母親の頭髪は普通。しかし母親の祖父、兄弟に若ハゲがいる場合。これもハゲる可能性が高い。

ランク3
両親の頭髪は普通だが、父親、母親の祖父、兄弟に若ハゲがいる場合。この場合もハゲる可能性がある。

ランク4
両親の頭髪は普通で、両親の祖父母、兄弟に若ハゲが1人もいない。この場合はハゲる可能性は非常に少ない。

自分の親族の中で1人でもハゲがいれば、ハゲの家系として若ハゲになる可能性があります。
自分の親族の頭髪を調べる以外にも若ハゲの可能性を調べる方法として、頭蓋骨の形状を調べる方法があります。

頭蓋骨の形で最も若ハゲになる可能性が高いのは
続きを読む
posted by taka at 08:30| Comment(1) | TrackBack(3) | 抜け毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。