2006年05月05日

塩化カルプロニウムとは

塩化カルプロニウムは頭皮の血流を増大させる


塩化カルプロニウムは、頭皮の毛細血管を拡張し血流を増加させる作用が非常に強いことが特徴です。塩化カルプロニウムはもともとフロジン液という名前で、医療機関向けに円形脱毛症などの治療薬として使用されていました。

続きを読む
posted by taka at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センブリエキスとは

センブリエキスは血行の促進、細胞分裂を促す


センブリエキスは漢方薬の1つとして、昔から胃薬として使われており胃を刺激して血行を良くすることから、頭皮の血行を改善する育毛剤として使えないかという事で研究されてきました。

実験の結果センブリエキスの塗布によって血行の促進、細胞分裂の活性化が確認され発毛促進効果があることが確認されました。

続きを読む
posted by taka at 14:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛剤、育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

医薬品、医薬部外品の違いは?


薬事法では人間の体に使用するものを、医薬品医薬部外品に分類しています。

医薬品は薄毛の治療において有効成分の効果が認められており、用法や要領など使用方法を間違えると副作用が起こる危険性があります。
さらに厚生労働省の許可のもとで製造、販売を行わなければなりません。

医薬部外品は医薬品に準ずるもので、薄毛を積極的に治療するというよりも予防に重点が置かれており医薬品に比べると作用が弱く副作用もほとんどありません。

医薬品、医薬部外品の効能範囲


発毛、育毛剤医薬品、医薬部外品の「効能範囲」については次の通りです

続きを読む
posted by taka at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする