2006年05月23日

プロペシアで髪フサフサ AGA(男性型脱毛症),抜け毛,育毛を一緒に考えましょう

発毛育毛ドットコムと相互リンクしていただいているサイト様のご紹介です

プロペシアで髪フサフサ AGA(男性型脱毛症),抜け毛,育毛を一緒に考えましょう
昨年万有製薬より発売されたプロペシアを中心に抜け毛,薄毛,育毛,脱毛,ヘアケアについてまじめに考える医療サイトです。

相互リンクしていただきありがとうございます
posted by taka at 21:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 相互リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱ハゲ!自毛復活プロジェクト!!

発毛育毛ドットコムと相互リンクしていただいているサイト様のご紹介です

脱ハゲ!自毛復活プロジェクト!!
ハゲ、薄毛、若ハゲの方へ。自分自毛復活体験を紹介していきます。
育毛剤にお金はかけなくても、アナタの自毛は元気になれます!まずはとにかく読んでみてください!

相互リンクしていただきありがとうございます
posted by taka at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 相互リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ハゲてたまるか!40代からの育毛奮闘記

発毛育毛ドットコムと相互リンクしていただいているサイト様のご紹介です

ハゲてたまるか!40代からの育毛奮闘記
近頃、頭頂部が薄くなってきました。でも諦めたら終
わり。フサフサは無理でも、カッパにはなりたくな
い!

相互リンクしていただきありがとうございます
posted by taka at 22:28| Comment(1) | TrackBack(1) | 相互リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

生活習慣の改善だけでも抜け毛も防止できる

生活習慣を改善し抜け毛を予防


人間はもともと日が昇るときに目覚め、日が沈む頃には眠りに着くという生活を送っていました。この生活習慣は髪にとっても良いものなのです。

ハゲの人は戦前など一昔前よりも現在の方が割合が多くなっていますが、これは夜更かしなどの生活習慣の乱れも1つの要因となっています。

夜9時ごろ毛母細胞が最も活発に働く


髪が成長するためには、毛母細胞が活発に分裂する必要がありますが、毛母細胞の働きがもっとも活発になる時間帯が夜9時ごろと言われています。
続きを読む
posted by taka at 17:02| Comment(1) | TrackBack(1) | 抜け毛を減らす方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛の人は薄毛でない人に比べて髪の毛が細い 

薄毛の人は髪の毛が細い


薄毛でない健康な人の髪の毛の太さは0.08ミリ位ですが、ハゲた人は0.02ミリから0.04ミリ位の太さしかありません。これ位の太さになると髪の毛はコシがなく、見た目にもハゲと分かってしまう様になります。

続きを読む
posted by taka at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 抜け毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

塩化カルプロニウムとは

塩化カルプロニウムは頭皮の血流を増大させる


塩化カルプロニウムは、頭皮の毛細血管を拡張し血流を増加させる作用が非常に強いことが特徴です。塩化カルプロニウムはもともとフロジン液という名前で、医療機関向けに円形脱毛症などの治療薬として使用されていました。

続きを読む
posted by taka at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センブリエキスとは

センブリエキスは血行の促進、細胞分裂を促す


センブリエキスは漢方薬の1つとして、昔から胃薬として使われており胃を刺激して血行を良くすることから、頭皮の血行を改善する育毛剤として使えないかという事で研究されてきました。

実験の結果センブリエキスの塗布によって血行の促進、細胞分裂の活性化が確認され発毛促進効果があることが確認されました。

続きを読む
posted by taka at 14:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛剤、育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

医薬品、医薬部外品の違いは?


薬事法では人間の体に使用するものを、医薬品医薬部外品に分類しています。

医薬品は薄毛の治療において有効成分の効果が認められており、用法や要領など使用方法を間違えると副作用が起こる危険性があります。
さらに厚生労働省の許可のもとで製造、販売を行わなければなりません。

医薬部外品は医薬品に準ずるもので、薄毛を積極的に治療するというよりも予防に重点が置かれており医薬品に比べると作用が弱く副作用もほとんどありません。

医薬品、医薬部外品の効能範囲


発毛、育毛剤医薬品、医薬部外品の「効能範囲」については次の通りです

続きを読む
posted by taka at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ペンタデカン酸グリセリドとは

ペンタデカン酸グリセリドは休止期の毛乳頭に直接働きかける


発毛、育毛剤の主流である頭皮の毛細血管の拡張するものや、男性ホルモンの働きを阻害するものと異なり、休止期の毛乳頭にエネルギーを与えて発毛効果を促す働きをするのがペンタデカン酸グリセリド(PDG)です。

続きを読む
posted by taka at 17:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする