2006年04月26日

育毛剤に含まれている有効成分の種類

自分にはどんな育毛剤が合うのかはよく分からないのではないでしょうか。どの薄毛にも効く発毛・育毛剤というのはいまだ存在していません

だからこそ、それぞれの育毛剤の有効成分をチェックしその成分にはどのような効果・効能があるのか確かめる必要があるのです。 どのような有効成分があるのかを以下に示します。

血行促進剤
まず育毛剤といったらこの成分について思いつく人が多いのではないでしょうか。頭皮、毛根の血行を促進し髪の毛に必要な栄養、酸素を供給することを目的としています。
・血行を促進する成分
ミノキシジル、塩化カルプロニウム、トウガラシチンキ、ビタミンE誘導体、イチョウエキス、センブリエキス

毛母細胞活性化剤
毛母細胞の増殖を促進する。休止期の毛乳頭にエネルギーを与え活性化させる。
・毛母細胞を活性化させる成分
ペンタデカン酸グリセリド、ニコチン酸アミド、アミノ酸系

頭皮殺菌剤
続きを読む
posted by taka at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛剤、育毛剤の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の寿命、1日の抜け毛の量について

1日の抜け毛の量はどれくらいでしょうか?


人の髪の毛は生えてから

成長期(2〜5年)
退行期(2〜3週間)
休止期(2〜3ヶ月)

というサイクルをたどり抜け落ちます。

生えているほとんどの髪の毛は成長期で、その割合は成長期が約90%、退行期が約9%、休止期が約1%となっています。
続きを読む
posted by taka at 19:04| Comment(1) | TrackBack(1) | 抜け毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。