2006年04月24日

男性ホルモンの感受性と薄毛について

男性ホルモンの分泌量と感受性は生まれつき決まっている


男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因の1つである男性ホルモンですが、親から受け継がれた遺伝子のDNA(デオキシリボ核酸)によって、男性ホルモンの分泌量と感受性は生まれつき決まっています

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってDHTジヒドロテストステロン)に変換され、このDHT(ジヒドロテストステロン)が前頭部と頭頂部では過敏に反応し脱毛を引き起こします。

続きを読む

男性型脱毛症(AGA)に影響を及ぼす4つの要因とは

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす4つの要因


薄毛を引き起こすのは次の4つの要因がいくつか絡み合っているのでないかと考えられています。

男性型脱毛症AGA)を引き起こす4つの要因は遺伝、ストレス、男性ホルモン、生活習慣です。

遺伝
親より受け継いだDNA(デオキシリボ核酸)に、体を形成するプログラムが組み込まれていますが、この中に髪の成長を・害するプログラムがあれば脱毛にいたるようです。しかし遺伝には、多因子遺伝といわれ様々な要因が重なっているため、両親や祖父母が薄毛でもその子供が必ず薄毛になるとは限らないようです。

ストレス
過度のストレスによって、ホルモン分泌系、自律神経系の働きを狂わせ毛根の細胞機能に悪い影響を与えます。そして頭皮の毛細血管を収縮させ、頭皮が硬く緊張し皮脂の分泌も過剰になります。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。